なかの一級建築士事務所 TEL 03-6303-0660
Slideshow Image 1 Slideshow Image 2 Slideshow Image 3
Slideshow Image 1 Slideshow Image 2 Slideshow Image 3 Slideshow Image 4
Slideshow Image 1 Slideshow Image 2 Slideshow Image 3 Slideshow Image 4
Slideshow Image 1 Slideshow Image 2 Slideshow Image 3Slideshow Image 4

・・・・ n e w s ・・・・


地震と 台風という、建築にとって厳しい条件をもった風土のなかで、住まいを構えています。
そして、エネルギー資源の少ない国土で生活をしています。住まいのメンテナンスから耐震とエネルギー等幅広く、情報をまとめていきます。

住んで いるところ。建築設計事務所という仕事場のこと。身近に感じられること。・・・ 伝えていきたいと思います。

住まいづくりのご相談 ・・・・・ なかの一級建築士事務所(世田谷区赤堤)
             メールにてご連絡下さい。 ・・・・>  

 

 

リフォームか建て替えか?
まずはお住まいの建物の状態を把握してどのようにリフォームをおこなっていくべきか、建て替えをした場合の検討も含め総合的に計画を進めていきませんか。
まずはどうしてリフォームか建て替えか迷っているか、住まい(暮らし)をどのようにしたいか・・を聞かせて下さい。
リフォームしていきたいと思う要素を大きく4つに分けることができます。
 1. メンテナンスリフォーム (外壁屋根の塗り替え、設備機器の交換等) 
 2. 性能向上リフォーム (耐震補強、省エネ設備の設置や水まわりの更新等) 
 3. ライフステージに合わせたリフォーム (間取りの変更や増築減築等)
 4. その他 (好みに合わせる為の変更等)
建物の調査をおこなわせていただき、建物の状態の報告と上記の4つの要素から住まいづくりをどのように進めていくと良いかを検討していただきます。
(建物の調査報告は、報告書と説明にて建物の状態を住まい手へわかりやすくお伝えしていきます。建物の調査費用は、調査内容により異なります。例えば耐震補強の検討を含めた調査と診断が必要な場合とか。ですので、図面資料やヒアリング等の確認でお見積書を提示させていただきます。

リフォームの検討をおこなった上で、建て替えの計画を提示し比較検討していくことができます。
(検討の順番を逆におこなうこともできますが、建て替えに比べてリフォームは計画の自由度に制限が加わります。リフォームか建て替えか迷っている理由をお聞きした時に、検討の進め方をお話させて下さい。)
自分の暮らしにとって、住まいに何が必要で何が大切かを整理していき、自分にあった住まいづくりを行っていきます。


設計監理の監理のこと

施工者 (工務店)との密な打合せから丁寧な工事がおこなわれます。図面通りの工事がおこなわれているかチェックします。それだけではありません。
住まい手へわかりやすく工事状況の説明を現場でわかりやすくおこない、材料、寸法等の確認しながら納得した住まいづくりを進めていきます。
実際に建物が出来上がっていく過程で、住まい手、施工者、設計者どうしが確認しながら進めていくので、質の高い住まいが生まれていきます。
詳しくはこちらをご覧ください。監理時に提出しています「設計監理報告書」サンプルがご覧になれます。



・・・・ 仕 事 場 か ら 発 信 ( 最 新 ) ・・・・

2018年 7月 20日( 金曜)
「築49年の石、タイル貼りの危険」
5年前に耐震補強設計を行った築49年になる住まいの外構、駐車場アーチ上部の石貼りが落下。修繕の相談を受けました。
早速、現地確認。・・・「人に危害がなくて良かった。」という最初の感想。

この際、他で人に危害を加える部分はないかを確認し、写真とコメントで報告書として提示しました。
建物の一部が石やタイル貼りの仕様で、何枚かタイルがなくなっています。石やタイルが下地から浮いている可能性が考えられます。
工務店と調査を行い、どの程度まで修繕を行うか、何通りかの修繕方法と見積もりを提示。
今回は人に危害を加える可能性のある部分を必要最低限で補修していく事になりました。

工事をはじめると、わからなかった隠蔽部分の劣化状況を把握することになります。
タイル貼り部分の下地が漏水によって劣化してなくなっていたり、塀の支持材が役に立っていなかったりと予想していない事に出くわします。
その都度、補修方法を考えていき住まい手へ説明し進めていきます。メーカーマニュアルなどないのです。

アーチ部分の落下と同じように起こってもおかしくない箇所を見つけ補修できた事は、本当に良かったと思います。
住まいの趣きを損なわずに、現代の技術で改修していく。見える部分以上の知恵が詰まった工事が修繕です。

(庇はタイル貼りから秋田杉の屋外用オイル塗装になりました。)


・・・・・・・・・・・・

事務所 へのご質問は、お電話かメールにてお願い致します。

na-ka-no architects office
住所:世田谷区赤堤3-27-17 赤堤アパートメント203号
(小田急線経堂駅徒歩10分・京王線下高井戸駅徒歩15分・世田谷線松原駅徒歩5分)
TEL:03-6303-0660